2019/5/12(日)開催「守時タツミ〜景色の見える音楽会 in 奥州〜」

2019年4月19日

守時タツミ〜景色の見える音楽会 in 奥州〜 」 開催のおしらせ

東北の長い冬のトンネルをぬけて、ようやく春。
首を長くして待っていた桜があちこちで咲きみだれています。
ここ数日は春とは思えないほどあたたかい日が続いて、あっというまに田植えの季節をむかえそうです。


さて、そんな初夏のにおいが漂いはじめる季節
来月の5月12日(日)、奥州市水沢にある日本一大きな茅葺屋根のお寺正法寺にて、ここ岩手県奥州の景色を音で感じる音楽会「守時タツミ〜景色の見える音楽会 in 奥州〜」を開催します。

わたしたち Walk on Soil の目指す ” 小さな旅 ” というテーマのもと、今回は、音と風土から奥州を感じてもらえたらとおもいます。
奥州をはじめて訪れる方には、「こんな音の景色がある町なんだ」と興味をもっていただきたい。また、地元の方々や奥州を知っている方には「これはあそこの景色かな?」などと想像をしながら、この町の良さを再認識するきっかけになったらいいなという想いで企画しました。

     

5/12(日)「 守時タツミ 〜景色の見える音楽会 in 奥州〜 」

   

日本各地を訪れ土地土地の自然の音を集め、綺麗なピアノの音とともにその地の楽曲をつくっていらっしゃる音楽家、守時タツミさん。
昨年夏に奥州を訪れ、水沢駅の涼しげな南部風鈴の音、江刺の里山梁川の蝉の鳴き声、衣川の村にあるせせらぎの音などを集め、奥州の景色が見える音楽をつくってくださりました。

会場は、奥州市水沢にある日本一大きな茅葺屋根のお寺、正法寺。
国の重要文化財に指定されている正法寺本堂での音楽イベント開催は初めてだそうで、荘厳な空間と奥州の音、またそこに集まるこの地の人と外からの人。いろいろなものがまじり合うなかで、奥州の景色を感じてもらえたらとおもいます。



本音楽会では、守時さんご本人がいままでに訪れた様々な地域の音でつくられた「MOTTAINAI SOUND」や、昔なつかしい唱歌、昔話を音楽と朗読で綴った「おとえほん」なども演奏される予定です。大人から子どもまで、幅広い世代の方々に楽しんでいただけます。
ぜひたくさんの方々に、奥州の景色が見える音楽会へ足を運んでいただけたらうれしいです。


【日時】
2019年5月12日(日)
開場 13:00 / 開演 13:30

【会場】
大梅拈華山 圓通 正法寺
所在地 : 〒023-0101岩手県奧州市水沢黒石町字正法寺129
TEL : 0197-26-4041
FAX : 0197-26-4107
google map : https://goo.gl/maps/t7URssSqaSN2

【交通アクセス】
◎ 電車・バスをご利用の方
  〈電車〉JR水沢駅 →〈バス25分〉正法寺線正法寺バス停
  →〈徒歩1分〉大梅拈華山 圓通 正法寺
  ※事前に時刻表をご確認ください。
◎ お車をご利用の方
 水沢IC → 〈車23分〉大梅拈華山 圓通 正法寺(駐車場あり)


【チケットに関して】
チケット制:大人 2,500円
      小人(小学生以下) 1,500円  (現金のみ)
※別途拝観料:大人500円、中学生300円、小人200円
(電子マネーSuica利用の場合10%オフサービス)


【チケット購入方法】
①チケット取扱店、奥州市各地域文化会館で直接ご購入いただけます。
・Cafe&living Uchida
・奥州市文化会館Zホール
・江刺文化体育館 ささらホール
・前沢ふれあいセンター
・胆沢文化創造センター

②インターネット予約申し込み
〈メールアドレス : info@walkonsoil.jp 〉
件名欄に「景色の見える音楽会in奥州チケット申し込み」、本文欄に氏名、購入枚数、ご住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上ご送信ください。

③ googleフォームからのお申込み
以下のリンクにて、必須項目をご記入の上ご送信ください。
https://forms.gle/ZQ1SrA8jpW1pvbpU8




守時タツミ (もりとき たつみ) / 音楽家
キーボードプレーヤーとして音楽活動を開始。コンサートツアー、レコーディングから、アレンジ、プロデュースまでこなす。今まで関わったアーティストは、佐野元春、ザ・ハイロウズ、Kinki Kids、藤井フミヤ、hitomi、田村直美からClementineにまで至る。また、Carmine Appice、Tony Franklinらで結成されたPearlのツアーにも参加。後にベネチア映画祭招待作品『千年旅人』など映画音楽も手がけるように。2007年より「100年後の子どもたちへ」という思いで、活動を展開する。”おとえほん”や、”MOTTAINAI SOUND”などの企画、プロデュースを手がけ、高い評価を得ている。2015年より、NHKラジオ深夜便「音の絵本」でレギュラーコーナーを受け持つ。

     

主催:「耳をすまして」実行委員会
後援:奥州市、JAZZRISE DESIGN
企画制作:デジベル合同会社
特別協賛:及源鋳造株式会社